真田丸 第36回「勝負」 おまいらの反応

真田丸

昌幸(草刈正雄)と信繁(堺雅人)は、信幸(大泉洋)と別れ、徳川勢を迎え撃つために上田城へ。途中、昌幸と信繁は沼田城に立ち寄るが、稲(吉田羊)は思いがけない行動に出る。一方、信幸は家康(内野聖陽)から上田攻めの先ぽうを命じられる。初陣の秀忠(星野源)は本多正信(近藤正臣)とともに兵を進める。徳川勢を撃退しつつ、しかし信幸とは戦わないために信繁は一計を案じる。そして佐助(藤井隆)が衝撃の知らせを届ける。

引用 NHK大河ドラマ『真田丸』

Twitterの反応

真田昌幸@awamasayuki2016年9月11日 21:26
超高速関ヶ原というが、上田合戦ももう少し長くやってくれてもよかったんじゃないか?儂の最後の見せ場じゃ…
内野聖陽さん演じる家康が心の底から昌幸パパを許せないのは、家康が「戦が大嫌い」なのに、昌幸パパが「戦が大好き」という嗜好の違いが大きい気が。自分が大嫌いな戦のリスクを平然と受け入れて楽しそうにはしゃいでいる昌幸パパを見て「こいつだけは許さん」なのかしらと
とりあえず草刈正雄が好きになる作品

【お知らせです?】
来週の日曜日に放送される

大河ドラマ 「真田丸」に
すえ役で出演します‼︎

9月18日(日)
[総合] 午後8時00分~
[BSプレミアム] 午後6時00分~
からです!

佐藤誠孝 鎧甲冑製作所@katchusi2016年9月11日 20:57
陣幕の物見という穴は上二つが大将が覗くもので、中段三つが侍大将、下段四つがそれ以下の者が外を覗く。風抜けの意味もある。陣幕の作製には陰陽五行説などの呪いも合わさり複雑な決まりがあったと江戸時代の軍学書に書き遺されている。


すごい…さすが本能寺の変あっさり処理し、その衝撃がどんな時間差情報格差で地方に伝わったか徹底的に「当時の人」目線で描くことで、視聴者も乱世の大波に放り込んだ真田丸だ… 真田も上杉も誰もがこの大戦は長く続くと踏み、眼前の勝敗に一喜一憂してるから、関ヶ原の衝撃がズシンと来た。
シン・名前はまだ決まらない@namaehamada_nai2016年9月11日 20:53
そもそも次週タイトルが『信之』というのが辛い…

シン・azukKi@azukki_2016年9月11日 20:50
今日のラスト、視聴者の「えっ」と信繁たちの「えっ」は同じと思っていい。
地雷魚@Jiraygyo2016年9月11日 20:50
今回の主役は間違いなく真田昌幸で、そしてその対戦相手は本多正信。どっちも互いを認め合っての知略の攻防は、じつにワクワクした。できれば二回に分けて知略の攻防を見せて欲しかったぐらいだ。もうお父さんの楽しそうな笑顔ですべてが許されるレベルの回。
長宗我部盛親@ChoMorichika2016年9月11日 20:45
超高速関ヶ原の次は超低速濃密大坂の陣じゃの。
うきうきわくわくそわそわ大坂の陣じゃ。

関ヶ原を超たのしみにしていた二人

「関ヶ原本戦の描写は(この時点では)一切なく、第二次上田の勝利に湧く中へ石田方敗北の伝令が飛び込んでくることによってその唐突さと真田上杉の受けた衝撃を臨場感をもって視聴者にも味わわせる」という展開・演出、今まで真田丸見てきて初めて予想が当たった…当たらなくてよかったのに…涙
山本八重@9/24・25会津まつり&十楽@aizu_sniper_yae2016年9月11日 20:43
真田昌幸「嘘だろ?」
黒田如水「嘘だろ?」
伊達政宗「嘘だろ?」
毛利輝元「嘘だろ?」※西軍総大将
やるみん@実況垢@yarumin2nd2016年9月11日 20:43
真田丸、夜の8時45分
関ヶ原の様子は一切、出ません #真田丸 #真田丸どうでしょう

石田三成@zibumitunari2016年9月11日 20:42
【悲報】
40秒で関ヶ原の戦い終わる

忠勝の戦闘力が9万という意味ではない。

ガッテム竹内(元ハガキ職人)@GTT2142016年9月11日 20:40
チキンの前でチキンを…
チキンの前でチキンを…
チキンの前でチキンを…

くろま@おいでよ真田丸の沼@kuroma_92016年9月11日 20:38
久々に真田昌幸被害者の会に一名様追加

ゆずず@yuzu09052016年9月11日 20:34
失いたくないこの笑顔( ◜◡^)

長宗我部元親_bot@motochika_bot12016年9月11日 20:42
関ケ原、佐助の報告で終了wwwww

真田丸 第36回「勝負」 関連ニュース

 天下分け目の決戦、関ヶ原の戦いがたった50秒ほどで描かれた。11日放送のNHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)第36話「勝負」の大胆な演出には、どんな舞台裏があったのか。制作統括の屋敷陽太郎チーフプロデューサーに聞いた。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする