「とと姉ちゃん」星野さんと常子のキスシーンに絶叫不可避www 坂口健太郎 高畑充希

とと姉ちゃん

第23週

「常子、仕事と家庭の両立に悩む」 9月5日(月)~9月10日(土)

常子(高畑充希)は、星野(坂口健太郎)たちと動物園に行く約束をする。約束の日前日、常子が印刷所に連絡すると、「花山(唐沢寿明)の代理だと名乗る社員から原稿を捨てて欲しいと指示された」と言われる。その対応に追われる常子は、動物園に行けなくなったことを星野に伝える。だが、星野の娘・青葉(白鳥玉季)に「おばちゃまの嘘つき」と言われてしまう。そんな中、新聞記者と名乗る国実(石丸幹二)が現れ、商品試験は公平性がないと難癖をつけてくる。一方、電化製品メーカー社長・赤羽根(古田新太)は、商品試験をやめさせるよう部下の村山(野間口徹)たちにハッパをかける。そんなある日、星野に転勤の内示が出る…。

引用 連続テレビ小説「とと姉ちゃん」|NHKオンライン
平成28年度前期連続テレビ小説「とと姉ちゃん」の公式サイト。“父親代わりの長女”ヒロイン、小橋常子が、生前の父が教えてくれた「当たり前の暮らしがいかに大切か」という教えを胸に、2人の妹と母を守って型破りの大奮闘。女ばかりの常子一家が激動の昭和を駆け抜けていく、小さな家族の大きな年代記です。

見逃した方用動画⇒ とと姉ちゃん 第134話 動画 動画

星野さんと常子のキスシーン

Twitterの反応

こはろさん@kohalogical842016年9月6日 13:14
個人的に、常子は星野の変わっていない部分を確かめる時が一番嬉しそうなのは結構気になっているんだよなあ。うーん
馬鈴薯@ba_reisho2016年9月6日 13:04
原稿捨てさせた赤羽根社長にキレ散らかしてたらまさかのキスシーンで葉っぱのあんちゃんも大人になったなとしみじみした
キスシーンをガン見してたら持ってたコンビニパスタの容器が割れた
おはなばたけ@okibarinko2016年9月6日 13:00
ひゃあ~朝ドラで(今は昼だけど)キスシーンがみられるなんて。
きゃああ(≧∀≦)
蓮花茶@実況中@lotusteajikkyou2016年9月6日 12:58
緊張して告白できなかった星野さんが、その時のこと自体をさらっと告白できるようになってしまったんだなあ…
パチパチはん@greenstadium1012016年9月6日 12:14
花山さん子供好きの一面もあって良いですね😁
フクロウ@fukurou9352016年9月6日 12:09
「そういえばとと姉ちゃんの二人はどうなった?」とパートさんに聞かれて「ハグアンドチューきましたわ」と説明したら「なーんだよ、結婚もまだの女にに子供寝かしつけさせて自分は月がきれいでハグアンドチューかよ」とやさぐれ始めたので慰めているところ(´ω`)💦
ヒノッチ@hinocchi2016年9月6日 12:06
「生まれたばかりのあの時とは違って今は曲がりなりにも自分の足で立てるようになった。仕事も大切だが常子さんの人生なのだから後悔しないように生きることだよ」とはプロポーズ週で君子が言っていたこととまるで同じだよね。
チューしたよやばめ。花山さんも素敵かよ。美子もっとおっせかいしろ。これで結婚しなかったらNHK前でデモ起こすし(本気め)。
ヒロイン失格もやばかったけどとと姉ちゃんの坂口くん神すぎね???????
☆ちぃ☆@aigrazie20102016年9月6日 10:30
星野さんの「無理をせず、補い合い(きっと補い愛💓)ながら‥‥」‥‥ステキな言葉だったなぁ‥‥(﹡ˆ﹀ˆ﹡) ❁ ¸¸♬*゜キュン❤
とと姉ちゃんで面白いのは花山さん(唐沢寿明)がアドリブをちょいちょい入れてくるところ
よしむね@yocky_2016年9月6日 9:25
みんな誰かのとと姉ちゃんで、かか父ちゃんですよね。父を亡くした常子然り、妻を失った星野然り、夫がいない綾さん然り、アカバネ社長もどうやら然り。最初は模倣で偽物で、でも家族を守るのだというもがきの中でその人なりの役割を見出だすっていう、このドラマに流れ続けるテーマ。
あすちゃん@__hsngen2016年9月6日 9:14
とと姉ちゃんはよ見たい
「月が綺麗ですね」って星野さん言ったの?やばいな最&高
と、ととと、とと姉ちゃんが、んぁぁ星野さぁん
とめこ@kirari1482016年9月6日 8:57
抱きしめたときに目を閉じて、常子の体温、香りを確認するような、15年のブランクを埋めるような大人星野さんの仕草。対して、少女のような受け身のウブな常子!良い演技だ。フワフワして、あさイチの内容が入ってこないよ(^^;)
りゅう@11_wim2016年9月6日 9:39
まだ火曜日ですよ星野さん

『「とと姉ちゃん」星野さんと常子のキスシーンに絶叫不可避www 坂口健太郎 高畑充希』へのコメント

  1. […] 引用:おまいらの反応 […]