真田丸 第35回「犬伏」 おまいらの反応

真田丸 第35回「犬伏」

上杉攻めのための徳川軍に従っていた真田家に大坂で三成(山本耕史)や刑部(片岡愛之助)が打倒家康(内野聖陽)のために挙兵したという報(しら)せがもたらされる。どちらに味方すべきか、信繁(堺雅人)、信幸(大泉洋)、昌幸(草刈正雄)の三人は下野国・犬伏(いぬぶし)の地で白熱した議論を戦わせる。一方、きり(長澤まさみ)は三成らの人質となっていた玉(橋本マナミ)を救出に向かう。そして、三人が下した結論とは?

引用 NHK大河ドラマ『真田丸』
見逃した方用動画 → 動画 動画 動画

Twitterの反応

おはぎ@ohagi23342016年9月4日 20:50
#真田丸 の今週の見所

大谷刑部、身命を削っての三成への加勢とアルティメットフォーム
細川ガラシヤの死
徳川秀忠を支える江
稲、完全なる真田家の女宣言。昌幸、稲の思いに応える
犬伏の別れ、源三郎からの西軍・東軍への別れを持ちかける

今回、控えめに申し上げますが神回でした。
窓の外@実況@madosotolive2016年9月4日 21:10
「真田丸」流「犬伏の別れ」を見ていて思ったけど、三谷さんはこの別れを「絶望と悲壮の物語」ではなく、「絶望的な状況でも希望を持って前に進む」人間の物語として読み解いたのだな。だからこの回は親子が笑っている。どういう結末になろうとも前に進まねばならぬ「人」を描くドラマ。良い。
上永哲矢 【哲舟】@Tetsu_uenaga2016年9月4日 21:02
石田三成が、真田昌幸に宛てて記した弁明状。「昌幸さん、事前に挙兵を知らせなくてごめんなさい。あなた方の妻子は大谷吉継の屋敷で預かってるので心配しないでね」などとあります。慶長5年(1600)7月末付(松代の真田宝物館蔵)

地雷魚@Jiraygyo2016年9月4日 21:02
すごい感動的なシーンなんだけど、大谷刑部が石田治部に「俺が勝たせてやる!」と言われて泣いちゃうあたり、完全に治部さんは戦さに向いてないんだよなぁ、と(泣) 家康なんて秀忠信じてなくてお目付け付けるわ、鳥居元忠を捨て石にするわで、腹の座り方の次元が違う。
ねこぽん@怠惰の擬人化@nekopone2016年9月4日 21:02
コミケのことかな?

神無月久音@k_hisane2016年9月4日 21:01
戦国の世が忘れられない昌幸に対し、既にそういう世でない事を理解している信幸・信繁の親子間の対比だけでなく、兄弟の間でも、あくまで真田第一の信幸と、そうでなくなっている信繁という対比があるのですが、それだけに「真田が生き残るのが第一」に舵を取り直した信幸の面目躍如でした喃。
佐吉が泣いてるのについては断定するのに、娘が笑ってるのについては疑問形なんですよね。刑部様。

いが(たろに)@iga_iganao2016年9月4日 21:00
競馬場に行ったら昌幸パパンは本命か大穴かのどっちかに有り金全部かける人だし、信繁は馬の生い立ちやオーナーの談話を読んで愛せると思った馬に出来るだけのお金をかける人だし、信幸兄ちゃんは帰りの交通費と給料日までのご飯代は残した上で全ての馬に少しずつかける人
濱岡 稔@hamatch22016年9月4日 20:59
歴史のうえでは、徳川を追いつめた猛将として語り継がれる弟と対照的に、徳川について真田の家を守ったが故にほとんど語られることのない信幸。今日の「真田丸」は、そんな信幸の思いを最大限に引き出してみせた。決別を前に、兵法を肴に酒を酌み交わす最後の場面が最高に素晴らしかった。
前回はあの徳川家康相手に堂々と啖呵を切っていた真田信繁が、お兄ちゃんと敵味方に別れるのが辛くて顔をぐしゃぐしゃにして鼻水を流して泣き出すんだから真田丸は最高だぜ
嫡男としてずっと「正しいが面白くない」だった信幸兄上が!奇想天外な策が練られるときにはいつも蚊帳の外だった信幸兄上が!遂に!父の籤を押しのけ、弟の見立てる徳川豊臣二者択一も軽々と乗り越え、あの安房守をも感服させる「正しくて面白い」策を!何と胸熱で鮮やかな息子の父超え!!
佐藤誠孝 鎧甲冑製作所@katchusi2016年9月4日 20:56
真田昌幸所用と伝わる昇り梯子の鎧と呼ばれる二枚胴。しかし形式的には大坂の陣後の寛永年間のもので昌幸の存命中の作とは見られない。徳川についた信之は父の形見の受け取りを断ったと伝わるため、信之か二代信政のものと考えられる

さんぱ◯@sanpamaru2016年9月4日 20:53
昌幸の表情が不安で翳ってるのではなくて、安心した穏やかそうな笑みだったのが心にくる
源三郎と源次郎、この二人の息子たちがいれば、これからも真田は大丈夫だと 次世代の者たちに真田を託して大丈夫だと 実感したようで
昌幸パパ、韓信を「策がうますぎたせいで、世に知られすぎてダメじゃん」と言っていましたが、パパ、パパ、あなた、今、ご自分の欠点をご自分で指摘しましたよ。昌幸パパも、あまりに策略家として知られすぎてますがな。
キュゥべえ@QB02016年9月4日 20:50
韓信って大体こんな人
・ニート
・股くぐりの名人
・なぜか漢の大将軍に抜擢される
・戦に天才だけどよく負ける(項羽が強すぎるだけ)
・天下三分して王になったらと勧められるけど拒否
・王になる
・ニート時代お世話になった人たちに恩返しする
・劉邦に疑われて処刑される
たえこ@taenosuke2016年9月4日 20:48
信繁が堺さんで良かった。信幸が大先生で良かった。昌幸がまさおで良かった。脚本が三谷さんで本当に良かった。
どれかが欠けたら、ここまで心を揺さぶられなかった。
最上義光プロジェクト@mogapro2016年9月4日 20:47
今日、兼続が「領内から身分に関わらず徴兵しましょう」的なことを言って、景勝が「嫌がる奴はやめてあげて」っていってたろ?あれで兼続が見逃したなんて思うなよ。チベットスナギツネ顔を見ればわかったと思うが
Pドム@domkmf2016年9月4日 20:46
もう夢物語をやめろと言った信繁が、戦国最後の夢物語の主役になっていく皮肉
瀬波@ズイ(ง ˘ω˘ )วズイ@senamin_min2016年9月4日 20:48
その頃、九州の黒田官兵衛


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする