韓国 慰安婦像の次は「強制徴用労働者像」 おまいらの反応

強制徴用労働者像
【ソウル聯合ニュース】韓国の労働組合の二大全国組織、韓国労働組合総連盟(韓国労総)と全国民主労働組合総連盟(民主労総)が日本による植民地時代に強制労働を強いられた労働者をたたえる像を設置する。

 二大労組は24日、京都市の丹波マンガン記念館で強制徴用朝鮮人労働者像建設および除幕式を開催する。同日午前には京都府舞鶴市で「浮島丸事件」で犠牲になった犠牲者の合同追悼行事に参加する。 

 「浮島丸事件」は1945年8月24日、帰国する朝鮮半島出身者数千人を乗せた日本の輸送艦「浮島丸」が京都の舞鶴湾で爆発して沈没した事件。多数の犠牲者を出した。沈没直前に日本の軍人と船員があらかじめ下船していたという証言もある。 

 二大労組による朝鮮人労働者像の建設推進は2014年の浮島丸沈没朝鮮人被害者慰霊祭への出席が出発点になった。 

 被害者慰霊祭は浮島丸が沈没した舞鶴の住民たちが「殉難者追悼の碑」を建設して始まった。毎年8月24日に開催される。

 二大労組の関係者は合同慰霊祭に2回参加したことで、朝鮮人労働者がどのように犠牲になり、生き残った労働者がなぜ帰ってくることができなかったのかなど、より広く伝える必要性を感じたとした上で、その一環として朝鮮人労働者像の建設事業を推進することになったと説明した。

 二大労組は組合員による募金で1億3400万ウォン(約1200万円)の建設資金を用意した。その後、旧日本軍慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」を手掛けた彫刻家らと協議して労働者像を製作した。

 さらに二大労組は日本の植民地支配に抵抗して1919年に起きた独立運動を記念する「3・1節」に合わせ、来年3月ごろにソウル市内の韓国統監官邸跡にも労働者像を設置する計画だ。

 二大労組は「今回の強制徴用労働者像の建設は、当時朝鮮は植民地だったために朝鮮人労働者の徴用は合法だったと主張する日本政府に対し、二大労組が過去の歴史の問題をわれわれ労働者の問題として直視し、これの解決のために先頭に立つという意志を明らかにするものだ」と説明した。

引用 Chosun online 朝鮮日報
韓国二大労組 強制徴用労働者像を京都とソウルに建設へ
韓国二大労組 強制徴用労働者像を京都とソウルに建設へ 

Twitterの反応

がぉがおー@gaogao02016年8月24日 8:47
>旧日本軍慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」を手掛けた彫刻家らと協議して労働者像を製作した。

調子に乗り始めた断交しよう・・・

(*`ω´*)
坂 靖範@lonlygeologist2016年8月24日 8:46
韓国が近代国家であるか否かは別の議論としても、国家間条約も国際条約も守らない国だと良く分かる。
ぶるまにあ@BLMNA2016年8月24日 8:45
韓国で「慰安婦像」に続いて「強制徴用者像」が爆誕した。これから数百万人に及ぶ強制徴用の歴史を明らかにしていくそうだ。慰安婦問題は両政府が「最終的で不可逆的な解決」を合意したので 次は強制徴用で謝罪と賠償を要求していくのだろう。
Bar Hopper@syge32016年8月24日 7:37
「この京都にある丹波マンガン記念館って在日コリアンの所有なんだね。 在日コリアン所有なら、阻止はかなり難しいかもしれない。」 #京都
山ちゃん!@tsuriking08272016年8月24日 7:21
こんな状況なのに、慰安婦合意とやらで、十億円払おうとしている日本国政府。何度失敗を繰り返すのか。
honryu5151@honryu51512016年8月24日 6:33
害務省は何さぼってんだよ
そして福島みずほに言ってやれ
また、新たな嫌がらせのネタを見つけた韓国人。ネチネチとした嫌な連中だ。
性懲りもなく次から次へと捏造を繰り返す。彼らはには十分な給料が支払われ、日本人は戦場に行ってた。
日本のマスゴミは知らん顔!!
和っ君@abotomeza2016年8月24日 3:39
どんだけ恥さらし像が好きやねん

京都?迷惑な 自国だけにしとけ!
野良ウサギ*俺宇宙発信@norausagi03162016年8月24日 3:28
朝鮮人って本物のバカだな。
強制徴用などは終戦の年、半年しかありません。1944年に、アメリカとの戦いに戦力を使い果たし、韓国に助けを求めてから終戦までの半年。その賠償は1962年に終えてます。
完全かつ最終的にぱよちん中納言@ma66te2016年8月24日 0:45
慰霊でも顕彰でもなく、ただ相手を貶めるだけの代物をこしらえる朝鮮人
そりゃ嫌われるよね
あまえた@kame23k2016年8月24日 0:36
いい加減たかるのヤメたら?延々と強請りたかり続けてたって何も前進しませんよ⁉︎(−_−#)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする