【産経新聞記者】東京新聞・望月記者の講演会取材を拒否される→「産経がいると話しづらい」「テロリストと同じ」 おまいらの反応

 「やっぱり産経さんはお引き取りください」。一瞬、何を言われたのか分からなかった。新潟市のホテルで、9月23日に開かれた新潟県平和運動センター主催の講演会。ゲストスピーカーは、東京新聞社会部の望月衣塑子記者で、テーマは「武器輸出と日本企業-安倍政権の危険なねらい」。県政記者クラブで告知され、取材に訪れた本紙記者は、主催者につまみ出される形で会場を退席した。その顛末(てんまつ)は…。

(中略)

 会場内は年配層が多く、若い人は少ない印象だったが、望月記者の講演とあってか席はほぼ埋まりかけていた。指定された後方のスペースに荷物を置き、一息ついてから記者はトイレに行った。手を拭きつつ会場の入り口に戻ったときだった。事務局長の有田氏から言われたのだ。「やっぱり産経さんはお引き取りください」と。開演まで、あと10分だった。

 予想外の展開に、記者は内心慌てた。「報道陣の取材は全てシャットアウトになったのか」と問うと、「他の社は大丈夫ですが、産経は駄目です」との返答。「なぜ、弊社だけが?」と繰り返し問うと、「産経がいると、望月記者が話したいことを話しづらくなるからです」と、強い口調で返ってきた。

 弊社の何が恐ろしいか、理解しかねたが、「圧迫感を感じるというなら記者腕章も外しますし、質問も控えます。講演だけでも聞かせてください」と交渉したが、シャットアウトされた。

(全文はソースにて)

引用 「産経がいると話しづらい」「テロリストと同じ」記者はこうして東京新聞・望月記者の講演会取材を拒否された(1/5ページ) – 産経ニュース

「やっぱり産経さんはお引き取りください」。一瞬、何を言われたのか分からなかった。新潟市のホテルで、9月23日に開かれた新潟県平和運動センター主催の講演会。ゲスト…

おまいらの反応

ゆわかし 日本第一党党員‏ @ame_saikai2017年10月6日 15:24
極左の馴れ合いは気持ち悪い。
ぬんさん(クラフトパーソン)‏ @Morosann2017年10月6日 15:24
今「言論の自由」を叫んでる連中が権力を握ったら、言論の自由は弾圧されるな。
忖度無しで記事になると差し障りのあるようなことばかり喋ってたの?
孤独な鋼鉄兎@明日から本気出す‏ @lowlife47752017年10月6日 15:22
自己矛盾を指摘されるからか…
確かにそう考えればわかる
しゅてる‏ @Stern32102017年10月6日 15:20
結局記事にされてマイナスしかないっていうw
QPSILVER‏ @QpSilver2017年10月6日 15:16
産経に聞かれちゃ困るような事を共謀してたんじゃね?w
みちざね‏ @mr__rainmaker2017年10月6日 15:15
同じ事を東京新聞にやったら、それこそ大騒ぎなんだろうな。
「言論テロリスト」は、どっちだ。
tomo_1983‏ @tomo_1983aa2017年10月6日 15:04
さっすが報道テロリスト(笑)の望月衣塑子はんはやる事がちゃいますなあ?ww
中河ミヤビ‏ @miyabi_7_932017年10月6日 15:03
報道や取材の自由はどうしたんだ、東京新聞さんw
わき‏ @wakisan52017年10月6日 14:48
え、待って。
これ本当だとしたらかなり酷い話だぞ。
というか何がテロリストだよ。
ToLets‏ @ToLets20042017年10月6日 14:47
東京新聞記者も会見からつまみ出されても文句言えないって事なんじゃ?
takenofusi‏ @takenofusi2017年10月6日 14:43
常日頃他人に「排他的だ」と噛み付いている連中の排他的な事。
白湯‏ @sayu0432017年10月6日 14:27
平和運動を名乗っていながら、この言動。聞いて呆れるわ、こんなの。早く解体したら?
相川直斗(偽名)™‏ @Aikawa_gimei2017年10月6日 14:26
自由を謳いながら他人の自由を否定する左巻きの日常(笑)
飯田 正就(飯田まさなり・無所属)‏ @masanari_iida2017年10月6日 14:19
自称平和主義者達の本性が露わになりましたな。私は主義主張が違っても、お話を聞いて学び取る部分ってあると思うんですよね。
これは無茶苦茶面白い。望月イソ子が居ても政府会見はイソ子が居ると話ずらいから引き取ってくれとは言わないが、イソ子は敵に出ろと言う。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする