都知事に女性初の小池百合子氏 増田・鳥越氏に大差 おまいらの反応

都知事に女性初の小池百合子氏 増田・鳥越氏に大差
舛添要一前知事の辞職に伴う東京都知事選が31日投開票され、無所属で新人の小池百合子元防衛相(64)が、増田寛也元総務相(64)=自民、公明、こころ推薦=、野党4党統一候補でジャーナリストの鳥越俊太郎氏(76)=民進、共産、社民、生活推薦=ら無所属や諸派の新人20人を破り、初当選を果たした。初の女性都知事として、混乱した都政の立て直しに取り組むとともに、2020年東京五輪・パラリンピックの開催準備を急ぐ。

確定投票率は59.73%(前回46.14%)だった。

小池氏は自民党前衆院議員で、同党の制止を振り切って出馬。政党や組織に頼らない「しがらみのなさ」を前面に打ち出し、増田、鳥越両氏との三つどもえの争いを制した。与党は10日の参院選で大勝した直後に水を差された格好だ。野党側は「保守分裂」の好機を生かせず、民進党では共闘路線の反対派が勢いを増す可能性がある。
小池氏は豊島区内の事務所で、都議会との関係について「都民のために何をすべきなのかを最優先に考え、政策の実現のために連携を取りたい。ただ混乱というのではなく、都民優先で考えれば、おのずと答えが出てくる」と述べた。

小池氏は選挙戦で、都議会最大会派の自民党との対決姿勢をアピール。舛添前知事の高額な海外出張費や公用車の私的利用などの公私混同問題に多くの批判が寄せられたことから、都政の透明化や行財政改革を訴えたほか、知事報酬の半減などを公約に掲げた。

増田氏は、自民、公明両党の支援を受けた組織的な選挙戦を展開。官僚OBで岩手県知事も務めた豊富な行政経験を訴え、都政の信頼回復を呼び掛けたが、小池氏との保守分裂が集票に大きく影響した。

鳥越氏は、都知事の立場で脱原発や憲法改正反対を訴える姿勢を強調。告示直前、支持層が重なる元日弁連会長の宇都宮健児氏(69)が出馬を取りやめ、候補一本化が実現したが、及ばなかった。

今回の都知事選には過去最多の21人が立候補。選挙戦では舛添氏、その前任の猪瀬直樹氏と2代続けて都知事が政治とカネの問題で辞職したのを受け、知事の資質やクリーンさがテーマとなった。政策面では、待機児童の解消や東京五輪への対応などが論点となった。

◇東京都知事選当選者略歴

小池 百合子氏(こいけ・ゆりこ)カイロ大文卒。ニュースキャスターなどを経て92年参院議員に初当選。93年衆院議員にくら替えし、環境相や防衛相を歴任。都知事選出馬に伴い連続8期目の衆院議員を失職。64歳。兵庫県出身。当選1回。

引用 Yahoo!ニュース 都知事に小池氏=女性初、増田・鳥越氏に大差【都知事選】 (時事通信)

Twitterの反応

国際的感覚は豊か。子供食堂、クールビズ、電線地中化等、生活に密着した衣食住のプラン。東京を良くする夢は枚挙に暇が無い。カウンセラーのように相談に乗る小池女史は、都民からの頼りがいがやりがいに結び付く人。都知事が適職であることを、これから私達も知る事になる筈です。
小野不一@fuitsuono2016年8月1日 5:04
小池百合子新知事が、猪瀬直樹を副知事に起用すれば面白い。自民党都連に睨みを効かせるために山口敏夫も副知事にすればもっと面白い。
かず@GAE/J+Angular(JS)@Kazzz2016年8月1日 5:11
鳥越「今後ジャーナリストとして小池都政監視する」

また自分の中で「ジャーナリスト」の胡散臭い肩書きポイントが上がりました。
都議連が出した例の小池女史応援したら除名の通達の撤回と増田氏を推した任命責任を石原伸晃氏&内田茂氏辞職と言う形で取らないと自民党支持者は黙ってないと思うなぁ。
サマンサ 静脈産業は経済構造を2倍にする@WoodBookbegin2016年8月1日 5:13
悪夢が現実に! 都知事選は小池百合子が圧勝、2位の増田寛也、3位の鳥越俊太郎に大差 橋下氏が衆院に出馬できるタイミングで解散しようという計画が。小池を組み込むということも考えられます。そうなればものすごい勢いになるかもしれません。
ヴァーミスラックス・ペジョラティヴ@isotakeru2016年8月1日 5:14
都知事選で自民党分裂選挙の混乱を招いたのは都連のご都合主義。勿論小池氏の戦術ではあるがそれに乗っけられた自ら墓穴を掘ったのは間違いがない。素直に小池氏を擁立しておけばよかったのだ。おかしなプライドばかりの石原伸晃や都連の闇のドンが最も責任を取るべきだろう。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする