おんな城主 直虎 第7回「検地がやってきた」 おまいらの反応

おんな城主 直虎 第7回「検地がやってきた」

直親(三浦春馬)としの(貫地谷しほり)の祝言が無事執り行われ、祝賀ムードの井伊谷。小野政次(高橋一生)と新野左馬助(苅谷俊介)の二人は駿府・今川館に出向き、改めて直親の帰還を認めてもらうよう願い出る。これに対して今川義元(春風亭昇太)の出した交換条件は、井伊谷での大規模な「検地」の実施だった。

井伊直平(前田吟)は自分の治める川名の隠し里に今川の検地の手が及ぶことを恐れ、怒りをあらわにする。川名は井伊家にとって最後の砦とも呼ぶべき土地であり、これを敵にさらすことは耐えがたい屈辱だったのだ。

直親は川名の隠し里を隠し通すことを直盛(杉本哲太)に進言する。そして、今川の目付役である政次にも、そのことを頼む。だが、今川の検地奉行・岩松(木村祐一)は、隠し里の存在に気付いてしまう。

政次の苦しい説明で何とかその場をしのいだ時、駆け付けた次郎法師(柴咲コウ)が岩松の妻の命日を供養させて欲しいと願い出たこともあり、検地は穏便に終わる。

引用 NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』

Twitterの反応

今後表立って暴露させないにしても、大河直虎は素朴なフツーの人間たちが心に沈めてる悪意やエゴを意図して描いてるよね。展開次第じゃ川名のじいさんを懐かしむ時がくるかもしれない
赤ちゃんはまだかのの題に違和感。現代語でしょ。赤子じゃダメだったのかね?
千街晶之@sengaiakiyuki2017年2月19日 20:48
『おんな城主 直虎』。策も結論も次郎法師や政次に丸投げするわ、新妻は忙しいのを口実に放りっぱなしだわ、直親の性格がクズとしか思えないのだが、それを三浦春馬が爽やかに演じてるので視覚的に混乱する。
今川館@Sunpu_SP2017年2月19日 20:49
今日の直虎も面白かったのう。特に隠し田を守るために鶴が農業用の溜池に親指を立てて沈んでいくシーンは涙が止まらなかったのじゃ。
ほんと、あの国あの時代の検地をガチで扱ったことと、本日のメイン課題を直虎の機転や登場や言葉で一発解決☆ってしなかった脚本は素晴らしく評価できる。亀はクズすぎて殺したいけど。
こはろさん@kohalogical842017年2月19日 20:50
次郎は世間知らずな幼女のまま寺に隔離されたから、教養を積んではいるんだけど世間の辛酸とか汚さとは無縁なんだよね。だからこそ、彼女は何もできなかったけど美しい読経で人の心を和らげることができた。そういう次郎がどんな直虎になっていくのか楽しみですね
吉岡 平@日々是口実w@torinakisa2017年2月19日 20:53
直虎は面白いんだが キャストから演出から素材から 何から何まで地味過ぎるんだろう エンタメとケレンの生き神みたいな三谷幸喜台本の後 というのが不運としか言いようがない 家康は 今までの大河の中で いちばん好感が持てるのだが……(と言うか 善玉路線は初めて)
∠ラスン@endumions2017年2月19日 20:54
直虎はスイーツ大河と見せかけて、ティラミスの土台が真っ黒い泥で出来てる…………
直虎第七話 感想
・敵キャラの方が高潔な人物で正論言ってて職務に忠実で、主人公サイドの方が小手先の懐柔策でその場をしのごうとする展開、嫌いじゃないよ(好き)
・主人公無しでも進むストーリー、嫌いじゃないよ(好き)
・今川家がちゃんと検地してたのでなんかもう満足
神無月久音@k_hisane2017年2月19日 20:58
おんな城主直虎、今までの話が「井伊アンド井伊アンド今川。たまにその他」というクッソ狭い世界の中で全部完結してて、去年以上に天下どころか近隣大名の状況すら殆ど誰も気にしてない有様に、普通の国衆ってこんなもんだよなあという感があって、これはこれで。
おんな城主直虎。ほんと竹千代瀬名パートが貴重な貴重な癒しなんだけど、ここを癒しパートにする事自体がとんだ鬼畜行為よね……
本田由紀@hahaguma2017年2月19日 21:04
選択を委ねるということは責任を転嫁することでもあるとか、差別する側の無邪気さとか、相手の状況に理解を示してみせることが相手の逃げ場を奪うとか、いろいろ考えさせられることの多い今夜の直虎であった。登場人物に二面性があることで物語はとても面白くなる。
アップルフリッター@fritterapple2017年2月19日 21:09
このドラマの中の直虎のお母さんは、母である前に井伊家当主の妻なんだなぁ。
娘が不憫だと泣き暮らすでもなく、直親の嫁をいびるでもなく、政治に口は出さないけどある意味夫以上に井伊家のためを考えてる。
実際にどんな人だったかはわからんけど。
大和田 稔@minoru9992017年2月19日 21:10
『女城主 直虎』。代官の岩松は、現代で言えば、マルサと言ったところでしょうか。なかなかスリリングな展開で、面白かったです。
猫怖大夫牧野さん@mknhrk2017年2月19日 21:55
しかし降伏はしたものの、そこは井伊も中世武士ですので「今川てめぇ覚えておけよ……隙を見せたら背後から首落としてやるからな……覚えておけよぉ……」と、不穏さを常に漂わす火薬庫国衆として、直虎時代に至るわけです
聖人君子であった直親がブラックで視聴者からのバッシング。逆に不憫な政次が同情される今週の回、爽やかイケメンで終わらせない脚本家の大成功なのではないか。三浦春馬くん素晴らしい役者になりましたね。かなり年下の三浦くんが高橋さんと対等に見えるこの大河に感謝
亜姫篤@gameura2017年2月19日 22:44
直虎大河のキーワードのひとつ「竜宮小僧」だけど、民話だと村人がそうとしらずに小僧には毒の汁物を振る舞って殺してしまうという最悪なオチなんだけど、直虎の最後には謀殺説もあるので、つまりすごくイヤな予感がする…
シン・空知@sorachiakira2017年2月19日 23:13
直虎本放送開始前に、舞台となる時代背景を勉強しようと思って図書館で調べていて、気付いたらなぜだか長享の乱とか享徳の乱とか観応の擾乱についての本を借りていたのだけど、結構正解だったかもしれないと今日の放送を見て思いました。戦国の世と南北朝動乱は地続きなんだぜ。
バスチャン@itoh_andieMusik2017年2月19日 23:15
今回ぼんやりさんこと徳川家康は辛うじて出番があったという感じだが、最重要人物である。人質時代のぼんやり度はぜひ高くして描いて欲しい。しかし、台詞がもう少し欲しい。今川義元が喋らないのだから家康では無理か。菜々緒演じる瀬名の方がインパクトがあっておかしい。
山田太郎@neetian2017年2月19日 23:20
直虎面白いなぁ。隠し里はじいちゃんの取り置き饅頭なんだな。今川を一時的な腰掛としか思ってないから敬意も無い。真田丸でなんとなく理解した、ザ・国衆って感じだ。
碧也ぴんく@pinkjyoudai2017年2月19日 23:20
直虎おもしろいんだけど、毎度ちょこちょこ説明が足りてないんじゃないのかしらと思ったりする。
その回の話のポイントになる登場人物や家の背景の説明を、話の流れの中に簡単にでも入れといてくれるだけで、のみこめかたが全然違ってきそうな気もするんだけども。
yuki@musical@yuki9280902017年2月19日 23:21
小野玄蕃さんが一切の闇を感じない真っ直ぐ育った弟キャラで萌え。
直虎放送前には「お腹いっぱいになったら眠くなっちゃった、ちょっと眠るね」とコタツに入って横たわった中学生娘が「鶴、よく言った…あ、しのちゃん可哀想…え?亀?なんだ亀、なに言ってんだ亀。あぁああ鶴ぅぅう」最後には完全にコタツから起き上がって鶴の為に泣く回だった。今週も鶴不憫。
くだい@kudaaai2017年2月19日 23:44
関ヶ原以外にも言い尽くせないくらい言いたいことあるんだけど、直虎ちゃんがめちゃんこ可愛くてね〜〜孫市姐さまがイケメンでね〜〜アニキまじアニキだし又兵衛ちゃんと官兵衛と風魔がスーパーハッピーエンドキュートだし真田主従が天使で松永さんがバッドED爆弾で政宗様がとにかく我らが奥州筆頭
西川悠太@kyuuta2017年2月19日 23:46
「お家より個人として鶴らと接してた亀之丞」はとっくに死に、「個人よりお家の直親」の空洞に埋まってる。直親は直虎の為にも「世継ぎとして」井伊家を守り抜かないといけぬ。その為には「妻や政次個人の心」など見ない見えない。直虎も直親も「個人」などとっくに葬ったのだから
ところで直虎は毎回のタイトルちょっと考えた方が良くないかなぁ〜内容は結構なハードモード戦国大河なのにタイトルだけ見ると何だかスウィーツ臭がして本来の視聴者層を失ってる気が。そしてタイトルに釣られてライト層が見るとハードモードで付いていけない気が。